【90点】ボタニカリー@大阪市

f:id:buddhistindy:20170907153212j:image

8月29日(火)

 

スパイス大国とくれば、多くの人がインドをイメージするでしょう。

 

わたくし、だてにインディを名乗っているわけではなく、実は一ヶ月ほどインドに滞在したことがあったりします。

 

その一ヶ月の間、ほぼ毎日カレーを食しておりました。

 

一ヶ月も続くとさすがに飽きてギブアップする人も多いようですが、そもそもカレー大好き人間なわたくしは何の苦もなく、むしろ今日は何カレー食べよっかな~と毎日ワクワクしていました。

 

様々なスパイスと具材がミックスされることによって、それらをただ単に混ぜたもの以上に味が引き立ったり、反対に悪くなったりするインドカレー

 

まさに当地のミックスカルチャー、インドの受容性を象徴する食べ物でありました。

 

そんなインドですが、日本にいて一番わたくしが「インドっぽいなぁ~」と感じるのが大阪であります。

 

色々な人びとと文化がミックスした感じ、猥雑な雰囲気、押しの強さと声の大きさ、それでいて根は優しい気質等々、インドと大阪の間には通するものがある気がするのです。

 

それを物語るように、大阪はスパイス激戦区。

 

やはり大阪の街と人の気質にぴったりマッチするのでしょう。

カレーをはじめとしたスパイス料理店の数と質は全国ナンバーワンだと思います。

 

今回はそんなスパイス大国大阪でも屈指の人気店

 

ボタニカリー

 

に行ってきました。

 

大阪で屈指ということは、当然全国でもトップクラスに君臨しているといっても良いと思います。

 

・・・

 

訪れたのは先月末の関西出張時。

 

大阪駅に到着し、エスカレーターに乗ろうとするなり

 

「おっさん!!右によりぃ!!邪魔やでー!!」

 

と、後ろから親切なのか暴言なのかわからない男性からの大声での忠告。

 

いやいや…そんな大声出さんでも、今寄ろうとしていたところなんですけどぉ…

 

来て早々イラッとさせれてくれるのはさすが大阪。

その後も大なり小なりイラッとさせくれる出来事がありましたが、まぁ旅人へのサービスと受け取っておきましょう。さもなくばインドと同様、大阪で生きていくことはできません。

 

・・・

 

ボタニカリーの最寄りは地下鉄本町駅御堂筋線の2番出口が一番近いようでした。

オフィス街裏の飲食店が集まった通り、ビルの一階で奥に入ったところでこじんまりとやられています。

 

f:id:buddhistindy:20170907161352j:image

 

店構えはこじんまりですが、超絶人気店だけあってふらっと行って食べられるわけでありません。整理券をゲットする必要があります。

事前のリサーチだと早い時には14時にソールドアウトの時もありましたので(お店のTwitterでリアルタイムに情報提供してくれます)、ピークタイムをズラすという訳にも行きません。

 

f:id:buddhistindy:20170907161523j:image

 

12時20分ほどに到着したところ、12時30分~の整理券をゲット。

店内はもちろん満員。お店の前に先客が三人ほど待っていて、そのまま列に並んでくださいとのことでした。一時間以上待つつもりでいたので、案外早く案内されるようでラッキーでした。タイミングが良かったですね。

並んでから20分ほど待ってお声が掛かりました。

 

並んでいる途中ににオーダーを聞かれたので、

 

ボタニカリー(ビーフ) ¥1,058(税込)

 

を頼んでおきました。

 

・・・

 

キッチンでは男性がお一人でカレーを調理されていました。そして盛りつけは女性の方。

 

姉弟?兄妹?で経営されているとのことだったのでこのお二人が経営者なのかな。

 

キッチンは1畳半ほどの狭いスペースでしたが、テキパキとしたムダのない動きで丁寧に調理されていました。

 

カレー屋さんといえば強烈なスパイス香がつきものですが、ここんちは鼻につくような暴力的な香りはありません。

清潔な店内とあいまってさながら雑貨屋のようで雰囲気で居心地が良かったです。

 

f:id:buddhistindy:20170907164434j:image

 

 しばしして運ばれてきたカレーはこちら。

 

お~美しい!!

 

綺麗な皿に盛りつけられた「作品」といった様相ですな。


f:id:buddhistindy:20170907164703j:image

 

この色とりどりの付け合わせ。いくつあるのかわからないくらい種類豊富で仕込みに手間をかけています。

盛りつけもとてもとてもとーても丁寧で手が込んでいます。

 

いざ食べようと思っても美しさゆえどこから手をつけていこうか迷うカレーでした。

 

意を決して食べ始めると…

 

んーーーひたすらにうまい!そして深い!!

 

何種類のスパイスを使っているか不明ですが、ベースのカレーに加えて数種類のソース?がかけられていると言えばいいのか…ともかく何らかの「仕掛け」がしてあって色々な味が楽しめます。

 

また先の美しい付け合わせもただの飾りではなく、カレーが引き立つよう工夫が凝らしてありました。

付け合わせとカレー、ごはんが混ざることで様々な食感と温度差が生み出されるように計算されていて、これまた一口ごとに違う味が楽しめるようにデザインされています。温度差とは温かいシャリに冷たいネタ的なアレね。

 

カレーは飲み物とはよく言ったのもですが、濃厚さらさら系のボタニカレーはまさにその通りで、お口を幸せにした後にあっという間に胃袋へ流れていきます。

ここのごはんの量は普通のカレー屋さんより多めとのことで大盛りを回避していましたが、並盛りにしたことをこれほどまで強烈に後悔したお店は他にはありません。

 

少なくともごはん大盛りは必須!

 

完食した後の皿を見て、悲しくなるほどうまかったす!!

 

インドカレーを現地のクオリティそのままで出すのではなく、ジャポナイズして日本人に合わせた味にするのでもなく、本当に美味しいモノを追求したここにしかない唯一無二のカレーでした。

 

さまざまな感性を刺激する食べる芸術品ですね。

 

お会計の際、盛りつけをされていた女性が

 

「お暑い中お待ちいただいてありがとうございました~!辛さはちょうどよかったですか??(良かったです!美味しかったです!)良かったですぅ~!おおきにぃ~!!」

 

っと、素晴らしい笑顔で声を掛けてくれて、非常に気持ち良くお店を後にすることができました。

さすが商売の街、この人情味が嬉しいですね。

 

到着早々のエスカレーターでのイヤな気分を吹き消してくれる優しさでありました。

 

・・・

 

唯一無二の芸術カレーとナイスな接客ということで久々の大台突破!!

 

【90点】

 

今日も読んでくれてありがとう!!

【70点】アルパカ カルメネール2016

f:id:buddhistindy:20170901210851j:image

9月1日(金)

 

9月になりました。

 

ここ数日で気温がグッと下がり、さながら秋の気候になってきた感があります。これくらいが一番過ごしやすくて、何するにも良い時季だなぁ。

 

インディが月の変わり目でいつも楽しみにしているのが、エノテカさんのハッピーワインです。

当ブログでも何回か記事にしていますが、このハッピーワインはどう考えてもお得!!カード会員だったら40%オフだからね。ほぼ半額すよ。こりゃ気になるわい。

 

今月はイタリアの一流メーカー・アンティノリのワイン四種がハッピーワインに指定されているようです。

]
【1ヶ月限定!丸得プライス!】 今月のハッピーワイン | ワイン通販のENOTECA(エノテカ)

 

手を出すか、待つか…!思案のしどころであります。

キャンティが個人的には一番気になるところ。

ティニャネロだったら間違いなく買っていたんだけどなぁ。

 

・・・

 

という心地よい秋の気配がしてきた本日のワインは


f:id:buddhistindy:20170901212123j:image

アルパカ カルメネール2016

 

であります。

 

もはやお馴染み!っていうほど浸透した安定の安旨ワインです。

 

今回はアルパカのホームカントリー、チリを代表する品種であるカルメネールです。

 

カルメネールっていうと他品種とブレンドすることで本領発揮(モンテスのパープルエンジェルとかもそうですね)という印象がありましたが、こちらはカルメネール単一で造られているようです。

 

f:id:buddhistindy:20170901213559j:image

f:id:buddhistindy:20170901213650j:image

 

【香り】ボリュームがあり、しっかり香る。干しブドウのような果実感がベースではあるが、それに負けないスパイシーなニュアンス、なめし革や黒糖のような香りもする。結構複雑です。

 

【見た目】カルメネールにしては薄めかな。濃厚なピノ・ノワールと言われたら間違えそうな見た目。透明感があり粘性は中庸。穏やかですな。

 

【お味】軽いのりで口に乗っかってくるが、次第に若々しいタンニンの渋み、うまみが広がってくる。甘味は控えめで、酸味と苦味をよく感じる。アルコール感がもっとあるのかなと予想していたが、思いの外おとなしく、見た目と同様に平和的だ。

 

うむ、確実にお値段以上のクオリティであります!!

カルメネールって言ったらもう少し力強い印象がありましたが、これくらいサラサラいけるのも良いもんですな。

開栓して丸一日経つと酸味が強くなり薄っぺらさが目立つようになります。その辺の持久力は期待してはいけないですね。

 

・・・

 

【70点】

 

今日も読んでくれてありがとう! 

【62点】セブンプレミアム ヨセミテロード シャルドネ

f:id:buddhistindy:20170831214245j:image

8月31日(木)

 

8月後半は関西出張しておりました。

 

新潟から関西方面への交通手段として、

 

1、飛行機(片道1h、¥15,000~)

2、新幹線(片道5h、¥20,000)

3、在来線(片道6.5h、¥15,000)

4、バス(片道10h、¥6,000~)

 

が挙げられますが、インディのお気に入りとしては

 

3、在来線>1、飛行機≧2、新幹線>4、バス

 

の順であります。

 

時間がないときはやむを得ず飛行機や新幹線を使いますが、基本的には北陸経由の在来線で行きたいタイプです。

理由はかんたんで、お値段と時間のバランスが良く、旅行気分を味わいながら一人の時間を過ごせるから。

バスはもうおっさんなので勘弁してほしいところす。車中の自由が制限されているのもかなりマイナスポイント。

 

経路としては

 

【新潟】~特急しらゆき~【上越妙高】~北陸新幹線~【金沢】~サンダーバード~【大阪】

 

というようなものです。

列車自体の雰囲気が良くて移動中のワクワク感が病みつきになります。

この感じはビジネスライクな新幹線や飛行機では味わえない感覚ですな。

 

利用客がちと少ない感じですか、なんとかJRの東西各社には慈悲深く踏ん張ってほしいところであります。

 

・・・ 

 

というわけで、今回のワインはそんな車中にて飲んでいたワイン。


f:id:buddhistindy:20170831214245j:image

セブンプレミアム ヨセミテロード シャルドネ

 

であります。

金沢駅ナカのセブンイレブンにて購入。

帰りの北陸新幹線、金沢~上越妙高の間でいただきました。

 

ここのセブン、レジの数が10箇所くらいあったかな??

それでも列ができるくらい込み合っていました。自分史上最高に繁盛しているコンビニでした。

 

ワインはカップと合わせて¥400くらい。

容量は250mlとハーフボトルよりもさらに小さく、本当にいい線狙った商品だなぁと感心しました。

 

これくらいだと余らせることもなく、もっと飲みたいひとはビール一本追加するなり、さらにワインもう一本買うなり、様々な戦術が駆使できますな。

 

f:id:buddhistindy:20170831221535j:image

f:id:buddhistindy:20170831221558j:image

 

香りはこれといった特徴がないが、味の方はこの価格価格帯では考えられないようなクリーミーさがありました。

見た目もパワフルですな。

飲みやすく、ふくよか、そんな印象であって、単体で飲んでもいけるしある適度こってりしたフードにも負けなさそう。

 

とびきり美味しいわけではなく、すすんで購入したいとは思わないが、無難な一本としては間違いのないワインだと思います。

 

【62点】

 

・・・

 

ちなみこの日の酒量はといいますと

 

・大阪~金沢 サンダーバード内でビール500ml

・金沢 駅ナカにてギネスビール ハーフパイント(284ml)

・金沢~上越妙高 白ワイン250ml(当記事)

上越妙高 駅前の集合施設フルサット内の飲食店「食堂酒場 酉かつ」にて夕食

f:id:buddhistindy:20170831224054j:image

外装とおすすめメニュー

 

f:id:buddhistindy:20170831224127j:image

飲み物メニュー


f:id:buddhistindy:20170831224210j:image
おつまみメニュー

f:id:buddhistindy:20170831224239j:image

越乃初鮎 特別本醸造 生貯蔵酒 300ml、¥864

インディは「生原酒」は好きですが、「生貯蔵」にはとくに惹かれません。それでも普通に美味しい地酒でした。


f:id:buddhistindy:20170831224252j:image

ポテトサラダ ¥108

破格のプライス!!ポテトの潰し具合も絶妙。関西帰りらしく唐揚げ用のソースかけました。これめちゃうまよっ!!!


f:id:buddhistindy:20170831224305j:image

鶏皮揚げ ¥108

これも絶品。安すぎて心配になるくらい笑

黒板メニューだったので毎日あるわけではないのかも。

 

しめて¥1,080で大満足。

よい店でありました。

 

上越妙高~新潟 特急しらゆきにて


f:id:buddhistindy:20170831224329j:image

f:id:buddhistindy:20170831224344j:image

さくら堂の揚げシーフードカレーという初見の米菓。

これをつまみながら~


f:id:buddhistindy:20170831224401j:image

めずらしいプレモル。香るエールとやら。500ml。

 

とまぁこんだけ飲んだくれて帰宅しました。

短時間で一気に飲みすぎず、読書する余裕が保てるくらいに酔いしれ度数をコントロールしながら、飲んでいました。列車内の酔っ払いって本当に迷惑だから平和にね笑

 

勿論ちゃんと仕事もしてきましたよっ!

 

・・・

 

今日も読んでくれてありがとう!

【82点】シレーニ・ヌーヴォー ソーヴィニヨン・ブラン2017

f:id:buddhistindy:20170814180531j:image

8月14日(月)

 

日本ではお盆真っ只中ですが、世界に目を移すとサッカーの新シーズンが各国で開幕しています。

 

ドコモユーザーのインディはDAZNと契約しており、幅広く各国リーグが視聴できる環境にあります。

月額¥1,000ほどにもかかわらず「筋書きのないドラマ」を豊富に提供してもらえてありがたいことです。ドコモユーザーでスポーツ好きな人には絶対加入がおすすめ。

ドコモのくっそ高い毎月の料金に不満を抱いており、いつ解約したろかと思っておりましたがドコモユーザー向けのDAZNサービスが提供されてから 「あ~ドコモ使ってて良かったわぁ~」と思う次第です。

 

本日はスペインのスーペルコパ第一戦、バルセロナレアルマドリードを観戦しました。

結果は各所で伝えられている通り1-3でバルサ敗北。攻めに掛かること必死の2nd leg の行方が今から気になるところです。

 

ネイマールの抜けたバルサの左ウイングが気になるところでしたが、今回起用されたデウロフェウは守備に関して言えばネイマール以上に頑張ってた(守備時は一列下がって4-4-2の左ハーフで奮闘)反面、攻撃時は周りに気を使ってかパス連発で、特長を発揮できず不完全燃焼だった印象です。もっとドリブルが見たかった!

コウチーニョやらデンベレやらマフレズやら…色々と補強が噂されていますが、やはりカンテラ育ちのデウロフェウにレギュラーポジションを確保してほしいところ。

 

その他バルサで気になったのはCBウムティティ。あのビルドアップ能力を見た感じでは完全にマスチェラーノからポジション奪った感じでした。 個人的にマスチェラーノ大好きなので少し寂しくもありますが、常勝チームに新陳代謝は必須でしょう。あのパフォーマンスであればバルサのスタメン張ることに誰しもが納得だったのではないでしょうか。

 

レアルではおなじみSBマルセロとMFイスコの活躍が目立っていました。 イスコは止めらんないね~ありゃ…。

 

・・・

 

というわけで、本日のワインはコチラ


f:id:buddhistindy:20170814214635j:image

シレーニ・ヌーヴォー ソーヴィニヨン・ブラン2017 ¥2,052

 

であります。

 

ニュージーランドのヌーヴォー=新酒。

ヌーヴォーといったら秋のボジョレーを思い浮かべますが、ニュージーランドは南半球に位置しており、季節が真逆になっている故にこの時季に新酒が登場してきます。

 

f:id:buddhistindy:20170814223142j:image
f:id:buddhistindy:20170814223204j:image

f:id:buddhistindy:20170814225801j:image

 

【香り】みずみずしいグレープフルーツ。

 

【見た目】非常に白く澄んでいて、日本酒のよう。写真ではやや黄色味が感じられますが実際は完全な透明に近い色調。粘性は低い。


【お味】優しい酸味と苦味が特徴的。甘味は控え目でひたすらに若々しい。アルコールも低く口当たりが良いが、やや単調な味わい。微発泡。

 

【総括】約¥2,000でこのクオリティは大満足です!爽やかなワインで真夏にピッタリ。

脂の強烈な料理には負けてしまうかもしれませんが、夏のスッキリしたメニューには好相性だと思います。  トンカツと合わせましたが、衣の油くらいには全然負けません。

ボジョレーヌーヴォーは価格に対する満足度が超絶に低いですが、同じヌーヴォーでもニュージーランドヌーヴォーは素晴らしい品質で、特にコチラのソーヴィニヨン・ブランは毎年楽しみにしているワインです。間違いなくおすすめ!!

 

【82点】

 

 今日も読んでくれてありがとう!

【78点】ロシニョール・トラペ ジュヴレ・シャンベルタン ヴィエイユ・ヴィーニュ2011

f:id:buddhistindy:20170809173608j:image

8月9日(水)

 

ダンベル体操に加えて本日から近くのプールで水泳ダイエットもはじめました。

 

メニューは

 

水中ウォーキング30分

クロール300m

平泳ぎ300m

 

でした。本格的に泳いだのなんて15年ぶり?くらいでしょうか。いやぁ~水泳キツいっす。。

筋力的には余力がありましたが、息が全然続きませんでしたねぇ。

 昔はもっと泳げたんだけどなぁ~…と加齢の現実と直面した次第であります。

 

・・・

 

そんな本日のワインは


f:id:buddhistindy:20170809173608j:image

ロシニョール・トラペ ジュヴレ・シャンベルタン ヴィエイユ・ヴィーニュ2011 

¥7,020

 

であります。

 

全然安ワインではないですが、たまには自分へのご褒美ってことでご勘弁を。

 

f:id:buddhistindy:20170809174651j:image

f:id:buddhistindy:20170809174727j:image

f:id:buddhistindy:20170809174744j:image

 

【香り】

重々しさはなくフレンドリー。せっかくの村名、もう少し威張り散らかして欲しいところです。熟したイチゴを彷彿とさせますな。

ウッディーな香りがしたので樽由来なのかと思いましたが、ここんちはブドウ本来の良さを生かすべく、村名クラスの新樽比率は10%に抑えてあるとのこと。ってことは有機栽培だけあってブドウに土壌の力強さが宿っていた!?ってことでしょうか…。

 

【見ため】

透明感の高さが目にとまります。赤みが強いですね。グラスのフチはかなりクリアーで粘度は低い。これでノンフィルターなんだから凄い。

 

【お味】

甘さはあるが控えめ。開けた直後の酸味はしっかりしているが上品です。時間の経過と共に酸味の角は取れて落ち着いてきて、その反面旨味が前に出てきます。

タンニンは元々少ないのでしょうが、滑らかでとても飲みやすい。上質な果実味が感じられます。

 

【総括】

先に飲んだジャンテパンショは力強さが感じられました。

今回のロシニョールトラペはバランス型。ジュヴレの王道をいっている感じをうけました。特に開けて一日経ってからは酸味の角が取れ、味が深まって非常に美味しくなりました。すぐ飲む場合はデキャンタした方が幸せになれそうです。

端整な仕上がりで他の食べ物の邪魔をすることはないのであらゆる食事との相性は抜群。時間が経ってから出てくる旨味が料理をより良く引き立ててくれます。星づきレストランがオンリストしていることも納得できますね。

2011年モノは現在飲んでも充分美味しいですが、まだまだ熟成のポテンシャルがありそうです。

 

【78点】 

 

今日も読んでくれてありがとう!

【50点】クアトロ ブランコ2015

f:id:buddhistindy:20170805005944j:image

8月5日(土)

 

バルセロナネイマールパリサンジェルマンに移籍することが発表されました。

 

実はワタクシ、来年の3月あたりにバルセロナまでサッカーを観に行く予定がありまして(!)、MSNを生で見られることを心待ちにしていたのですが…。

今からでも何とかならんのか~~と思いつつも、まぁ一本¥2,000のワインを買うのにも逡巡する男の希望を、一人の選手獲得に¥29,000,000,000が平気で動くような世界の人々が聞くワケもないのは明白なこと。

ここは覆水盆に帰らずということで、近々新加入するであろうネクストスターに期待したいところであります。

 

・・・

 

そんな本日のワインは


f:id:buddhistindy:20170805005944j:image

クアトロ ブランコ2015

 

であります。

 

毎度お馴染み、エノテカさんの選んで10本¥10,800セットの中の一本です。

個人的にこのワインのシリーズといえば、シルバーのボトルがスタイリッシュなカヴァを連想しますが、コチラの白は現時点でエノテカのオンラインショップ上では販売されておらず、どういう代物なのかわからない正体不明感のあるワインです。

どうやらクアトロという名の通り、4種のブドウが混ぜられているようですが、詳細不明。

 

ということですので、余計な情報に基づくことなく、純粋に飲んだ感想で勝負したいと思います。


f:id:buddhistindy:20170805013015j:image
f:id:buddhistindy:20170805013033j:image
f:id:buddhistindy:20170805013049j:image

【香り】ボリュームはかなり抑えてある。かろうじて若々しいライチあたりか。フルーティーとまでは言えない。

 

【見た目】写真で見るよりも色味控えめで透明感がある。粘度は低くサラサラ。さっぱりした見た目。

 

【お味】爽やかシトラス&パイナップル。酸味、甘味、苦味、あらゆる味が控えめで突出した何かがあるわけではないが、逆に言えばバランスがとれていて飲みやすい。

 

【総括】スペインのワインといえば濃厚系で果実感が押し出されている印象が強いですが、このワインはかなりお上品にまとめられています。デイリー晩酌用にはぴったりですね。反面個性的なワインをお求めの方はちと物足りないと思います。


f:id:buddhistindy:20170805013727j:image

おつまみは大好きな王将の餃子。

白ワインと王将の餃子のマリアージュは最高やなぁ~。他にもミョウバンの苦味をやや感じるナスの漬け物との相性も良かったです。

 

食事ベースで考えると、こういう守備範囲の広いワインはありがたい存在ですなぁ。

 

ネイマールロスのワタクシを癒してくれる心優しきカタルーニャ産の白ワインでした。

 

【50点】

 

今日も読んでくれてありがとう! 

【57点】ルックアウト・カベルネ・ソーヴィニヨン・シラーズ2014

f:id:buddhistindy:20170803200707j:image

8月3日(木)

 

約10年ぶりにレンタルビデオ屋さんを利用しました。

 

お目当ては『シンゴジラ』と7/26レンタルリリースの『君の名は』。

 

残念ながら近所のGEOでは君の~はすべて出払っていて借りられず…。もう少し待たねばならないようです。ゴジラの方はバッチリありました。

 

結果的に借りた作品は

 

シンゴジラ

時をかける少女

・ソーセージパーティー

 

の三本。

これで¥350くらいなんだからスッゴい安いもんだよね。買うことを考えれば。

 

もう一通り観ましたが、どの作品も非常に良くて久々に映画の魅力を感じております。

 

インディのイチオシはジャケットを見てノリで借りた『ソーセージパーティー』。

 

“家族みんなで楽しめるちょっとシニカルで平和なワインブログ”を標榜している当ブログでは、ちと内容には触れられないほどハチャメチャな作品でした笑!

下ネタ好きな方ならば大笑いすることに間違いなしです!

それでいて時折観ている者に大きな問いが投げ掛けられている……ような気がするほど、考えようによっては深い内容でありました。

 

ご興味ある方にはぜひ観ていただきたいところですが、付き合いたてのピュアなカップルにだけは絶対勧められませんので悪しからず笑!

 

・・・

 

そんな本日のワインは

 

f:id:buddhistindy:20170803203624j:image

ルックアウト・カベルネ・ソーヴィニヨン・シラーズ2014 

 

であります。

 

エノテカ10本¥10,000セット中の一本。

以前の記事にこのセットについて少々書いてあります。

 

今回は何かと話題の南アフリカのワインです。

飲んだのは『君の名は』のレンタル解禁日と同じ7月26日。スーパーの牛丼と一緒に楽しみました。

 

f:id:buddhistindy:20170803204017j:image

f:id:buddhistindy:20170803204040j:image

f:id:buddhistindy:20170803204100j:image

 

【総括】元値は¥1,944です。割合は不明ですが、カベソーとシラーのブレンドであります。その二つの品種だと重く渋い印象を受けますが、このワインの口当たりはとても良く、各種料理何でもハマりそう。

 

【香り】濃口で上品なラズベリーに、樽由来と思われる白胡椒。ボリュームは充分です。

 

【見た目】色味は濃厚な赤紫。粘度中庸。エッジが若々しく透明感があります。

 

【お味】とびきりの上質さは備えていませんが、造り手の意図を感じる。力強さというよりも、エレガンスさを表現しているようですね。果実感はあるのものの前面には出ておらずバランスが良い。苦味は控えめだが、酸味はしっかりある。

牛丼との組み合わせは良く、ご飯も含めて全部食べてしまいました。

 

・・・

 

暑い日が続きますが、涼しい部屋で映画でも観てバテないように頑張りたい次第であります。

 

【57点】

 

今日も読んでくれてありがとう!