読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラーメン二郎 八王子野猿街道店2@八王子【30点】

f:id:buddhistindy:20160523192321j:image

 
5月21日(土)
 
この日は山梨県まで遊びに行きました。
 
お目当ては絶叫マシンの聖地・富士急ハイランド
 
テーマパークもさることながら、実は富士山を近くで見たことがなかったわたくし。道中の中央道から見えた富士山を前に
 
「でけー!でけー!マジスゲー!!」
 
と思わず声が出てしまいました。いや~感動したな~。
 
今回の富士急ハイランドではFUJIYAMA、ドドンパ、ええじゃないか、高飛車の4大コースターを全て乗ったところで残念ながら閉園時間となりました。
 
待っている時間120分
乗っている時間1~2分
 
こんな感じで僅かな時間の為に長時間待つわけですが、それでも満足感はありましたな~。とんでもない非日常を味わえますぞよ笑
 
怖かった順に
 
FUJIYAMA>高飛車>ドドンパ>ええじゃないか
 
だったかな~。
 
めちゃ楽しいけども、周りには具合悪くなっている人もたくさんいたようですので御利用は計画的に笑!
ま、そのハードさが楽しいわけなんだけどね
 
f:id:buddhistindy:20160524212850j:image

f:id:buddhistindy:20160524212814j:image
 
ビビりのインディは
 
「お~お~こわい~こわい~(;´д`)」
 
と乗っている時、ずっと呪文のように唱えていた…というのはここだけのはなし!
 
・・・
 
富士急ハイランドを満喫し良い具合にお腹も減ったので、この日の夕食は帰りの道中に程近い八王子のラーメン二郎にすることにしました。
 
昨年11月に新潟にもラーメン二郎がオープンして、ラーメン通のイタリーちゃんと共に行きたいと思っていたのですが、なかなか行けず…。地元に先駆けての八王子野猿街道店2になりました。
 
わたし個人としては今から10年以上前の学生時代、ラーメン二郎仙川店を訪れたことがありました。
当時は「ジロリアン」という言葉自体はなかったものの、二郎はかなり有名だったと記憶しています。
 
その時のわたしは学生ということもあり、強気に
 
「野菜ましまし!ニンニク!」
 
とか初二郎にもかかわらず注文した気がします。結果、あまりの野菜の量&スープのしょっぱさ&のびきった麺とに悪戦苦闘して、なんとか食べ終わったものの「こんな店2度と来るかー!」と心に誓った覚えがあります。
 
当時の店主?は体格の良い小説家の西村賢太のような人で、ダンディーな声で「にんにく入れますか?」と尋ねてくれる人でした。今も元気にしているのかな。
 
さて、それから10年以上!
果たしてインディの味覚は変化しているでしょうか!
 
f:id:buddhistindy:20160524222629j:image
ラーメン 小 (ニンニク)
 
いや~相変わらずゴツい!笑
 
食べて見ると、一口目…うまい!!
 
おー!これこそ本当の二郎!!
 
と思って食べていましたが、3割ほど食べたところで
 
やっぱ量多いーしょっぱいー助けてー(涙)
 
との気持ちが全面に出てきました。
 
頑張って今回もなんとか完食しましたが、やっぱり「二度とくるかー!」という感想でした。味覚変わらず!
 
麺は好きだし、油っこさも気にならないけど、塩辛さが耐えられないの…
 
店員さんイイ人(マキシマムザホルモンのシャツを着た金髪君)だったし、広い駐車場があるのはプラスポイントだったのだけど、油ギトギトで滑る床、汚いテーブル、油の浮いた水用コップに洗ったか洗っていないんだかわからないレンゲ…そういったいわば“二郎らしさ”が、わたしにとっては悉くマイナスポイントでした。
 
【30点】
 
と低評価をしておきながら、なぜかまた食べてみたい…と思ってしまうなぞの中毒性はたしかにありますね。
 
「二度といかね!」と言っときながら、こりゃラーメン二郎新潟店に足を運ぶ日は近いかも!?
 
今日も読んでくれてありがとう!!