読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【78点】シレーニ エステート・セレクション・ザ・プラトー・ピノ・ノワール2016

f:id:buddhistindy:20170513012725j:image

5月13日(土)

 

インディの月イチのお楽しみといえば、エノテカさんが月替わりで提供してくれるハッピーワインであります。

 

ハッピーワインとはエノテカが販売する優良ワインのなかから通常価格の20%OFF(クラブエノテカ会員は40%OFF!!)で販売されるワインであり、月ごとに変わっていきます。

 

おトクな話に目がないインディさん、月が変わった瞬間から今月は何のワインなのかな~とソワソワ&ワクワクしちゃいます。んでホームページで内容をチェックし、気になる銘柄であれば買いに走るというような楽しみかたをここしばらくしているわけです。

 

ちなみにインディはクラブエノテカの会員(エノテカでクレジットカードを作る必要あり)ですので40%OFF。これは利用しない手はないですね。

エノテカのクレジット会員は年会費はかかりますが、年会費と同額のポイントをいただける上、他にもメリット沢山なので会員にならない理由は見つからないと思います。

 

そんな今月のハッピーワインはエノテカイチオシの生産者、シレーニのエステートというちょっといいラインから、何点かチョイスされております。

 

今回購入し、楽しむのはその中のピノ・ノワールであります。元値は¥3,132のところ¥1,897でした。ハッピーワイン効果は大きいなぁ。

 

・・・

 

以前に同じシレーニのピノ・ノワールは楽しんでおります。

 

 

ブログをはじめて、そしてワインを本格的?に飲みはじめて間もない若々しさが溢れた記事であります笑

 

今回は前回【74点】をつけたセラーセレクションよりも格上のエステートであります。

ではさっそくテイスティングした結果を記して行きましょう。

 
f:id:buddhistindy:20170513022017j:image
f:id:buddhistindy:20170513022030j:image

 

【香り】上品なブラックベリー。ボリュームは控え目です。スミレ…かどうかは断言できないが花のような植物的な香りもあります。鞣し革のようなニュアンスがあり、もしかしたら樽が使われているのかなと想像し、リサーチしたところ、フレンチオークで10か月熟成させてあるとのこと。ふふふ私の嗅覚も捨てたもんじゃありませんな(どやー笑)。樽由来の香りとブドウ由来の果実感がおり混ざって複雑さを醸し出して高級感もありますが、個人的にはここで樽はいらないかな~と思うところ。このエステートシリーズは単一区画の良いブドウを使用しているそうなので、せっかくならブドウのチカラのみを前面に出すスタイルで口にしてみたかったところですね。

 

【見た目】新鮮。艶があり透明度が高い。赤黒さは強めです。濃淡はほぼなく、若々しい。

 

【お味】ブルゴーニュというよりも、カリフォルニアのピノ・ノワール的な印象を受けました。前回はカリフォルニア感は一切しないと書いてあるのに、今回はその真逆な印象を持ったようで興味深いところですね。なんていうか、前回のセラーセレクションはエレガンスなイメージに振っていた(逆にいえばブドウに力強さがなかった)なかで、今回のエステートシリーズはブドウの強さが十分でどちらかといえばパワフルな方に振ってある気がしました。

そのパワフルさゆえに甘味が第一印象として残ります。アルコール度数は中庸で心地よいですね。タンニンは控え目で渋味は感じません。まろやかな酸味が抜けたあとにまろやかな余韻が感じられます。

 

というわけでこんな風に飲んでみました。

 

この日のおつまみは贅沢にもうなぎ。近所の仕出し屋さんから買いました。


f:id:buddhistindy:20170513021713j:image

 

うなぎの蒲焼きとピノ・ノワールは鉄板のマリアージュらしいですが、 今回もごたぶんに漏れずバッチリ合いました。蒲焼きの醤油風味との愛称がいいんだろうなぁ~。

 

【推奨フード】うなぎ蒲焼き、チェダーチーズ

 

・・・

 

てなわけでございました!

 

前回は【74点】。まぁ今回はそれよか良いんだけどと、突き抜けた何かが足りない気がしたので、今後の期待を込めて

 

【78点】

 

ってところであります。

 

今日も読んでくれてありがとう!!