読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャトー・デ・グラヴィエール2013【75点】

70点台 フランス ソーヴィニヨン・ブラン

f:id:buddhistindy:20161207201607j:image

12月7日(水)

 

アルビの次期監督の有力候補として三浦文丈氏が挙がっていること&新戦力としてマテウス選手の獲得が濃厚であること&ラファエル・シルバ選手の浦和移籍が決定したこと、とビッグニュース(わかっていたことだけども…)が連続した日であった。

 

思うところは多々あるが、ここは前向きにマテウス選手がフィットして大活躍してくれることを願うばかりであります。(きっとレオは移籍なんだろうな…)

プレー動画見た限りでは生粋のボールハンターという印象を受けました。

 

個人的にはレオが抜けることを前提として、ボールを狩って攻撃の起点となれる選手もさることながら、PAで決定的な仕事ができるFWが絶対必要だと思うところ。

 

・・・

 

ということでそんな本日のワインは

 

シャトー・デ・グラヴィエール2013

 

お馴染み京橋ワインの白ワイン6本セットのなかの一本です。

 

AOCグラーヴ地区の白。単品で¥1922。これが¥5,378/6本(一本¥896ほど)のセットの一本なんだからスゴいなぁ。

 

京橋ワインさんの白ワインセット、コレはマジでオススメ!!


f:id:buddhistindy:20161207204014j:image


f:id:buddhistindy:20161207204037j:image

コルクは樹脂製でした。ボルドーのちゃんとした(?)ワインでは初めて見たかも!


f:id:buddhistindy:20161207204143j:image

印象を簡単に総括しますと、ソーヴィニヨン・ブラン50%ということで、香草的な爽やかさがあります。それだけでなく甘みや旨みもあって味に厚みがありますね。食中酒として非常に優れているようにみうけられます。


f:id:buddhistindy:20161207204322j:image

 

今が旬のブリの塩焼きにピッタリでございました。ブリの脂に負けないしっかりとしたボディ感と、その脂をさらっと流してくれる爽やかさがあります。

 

見た目:黄色みが強く、粘度は低め。

 

香り:爽やかな香草。ソーヴィニヨン・ブランらしいですね。ボリュームそのものは控え目です。

 

味:口にいれるとトロピカルな酸っぱい系フルーツのニュアンス。パイナップル。爽やかな香りと相まってフルーティーな感じかスゥーッと抜けていきます。それでいてしっかりと甘みがあって飲みごたえもあるんだからスゴいですね。温度が上がってからだと、キャンディのような味もしてきます。

 

 

おつまみとコレでチビチビやるのもグッドだし、料理と合わせても相棒をほとんど選ばない(=だいたいなんにでも合う)優等生なワインだと思いました。樽熟成の様子をほとんど感じないのがかえって良い方に働いていますね。

 

底に澱?結晶?か何かが溜まっております。注ぐときに要注意。

 

気づけば一本飲んでしまっておりました。

 

ベリグなワインでした。

 

【75点】

 

・・・

 

今日も読んでくれてありがとう!