読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペニンシュラ AT @香港【65点】

f:id:buddhistindy:20161107204423j:image

 

9月某日

 

大好評いただいております、孤独の安ワイン香港ロケ。

今回はその第4弾です。(文末にこれまでのまとめを掲載します)

 

・・・

 

さて香港といえばアフタヌーンティー!

三段トレーにお紅茶的な例のアレですね。

 

そのなかでも特別な格式を持っているのが、ご存じペニンシュラアフタヌーンティーです。

 

f:id:buddhistindy:20161107210100j:image

堂々とした佇まい。

玄関にはロールスロイスをはじめて高級車がずらっと並んでおりました。

 

インディはこれで2度目のペニンシュラ訪問。前回はアフタヌーンティーではなく、ロビーで優雅にコーヒーをしばいておりました。

 

ペニンシュラアフタヌーンティータイムは14時~18時で、なくなり次第終了だそうです。

 

今回は15時30分くらいに行きましたが行列ができておりました。ホテルスタッフに「アフタヌーンティー?」って片言で聞けば最後尾まで案内してくれます。できる人はちゃんと英語、もしくは広東語でどうぞ。

 

30分ほど待ってから案内されました。

 

f:id:buddhistindy:20161107211302j:image

ロビーはこんな感じ。

 

案内直後でしたが、ここで残念な出来事が…

 

着席して普通のメニューかアフタヌーンティーかと問われ、アフタヌーンティーと答えます。ここまではいいでしょう。問題はその後。

 

アフタヌーンティー用のメニューを持ってきてくれた少々ふくよかな女性スタッフさん、メニューを手渡してくれたのですが、こちらが受け取った直後に

 

「で、どれにします??(はよ注文せい!)」

 

と聞いてくるわけです。

 

ちょっと待ってよペニンシュラさ~ん…(汗

こっちはまだメニュー1秒も見てないんすけど~…(汗 

これじゃメニューの意味ないじゃないすか~…(汗

 

まだメニュー見てないからちょっと待ってね~と言って注文考えようとしたら

 

「私のおすすめはこれで、ポピュラーなのはこれねっ!キリッ!」

 

とか間髪入れずレクチャーしてくれました。ん~だいぶせかせかしておりますな~。

 

しかし!!我々がここに求めているのは優雅なティータイムであって、せかせかした時間ではないのであります。

 

ということでちょっと強めに?こんなに早く決められないよ~!(=決めるまでどっか行っててくれい!)、と申し入れたら、空気を読んでくれたのかそのスタッフさんは退き、二度と我々の前に姿をあらわしませんでした。

 

まぁいま思えば、我々に最初から最後まで寄り添ってお世話しますよ~という高度なホスピタリティの表れなのかもしれませんが、それでもせかせかさせるのは良くないですよね。

 

と、まぁこんな【はよ注文しんしゃい!事件】という少しばかり残念なくだりがあったのでありました。

 

・・・

 

ほどなくして注文決定。

 

我々は二人だったわけですが、事前情報から二人前のフードは食べきれない可能性が高かったので、

 

アフタヌーンティーセット1人前+単品でティー1つ

 

という注文スタイルにしました。これで1人前のフード+お茶2つという内容になるわけでありますな。ちなみにメニューに日本語はなかった気がします。

 

わたくしの単品のお茶はアッサムティーにしました。英国風にミルクティにしたかったからです。ミルクティにはアッサムでしょう。

 

これでお会計は

アフタヌーンティーセット一人前358HKD

アッサムティー 68HKD

合計426HKD

 

10%サービスチャージが加わりまして、日本円にしてまぁざっくり¥6,000ほどですかね。

  

f:id:buddhistindy:20161107214040j:image

テーブルセット


f:id:buddhistindy:20161107215004j:image
フードはこれで一人前です。

貴族は残すことなど気にしないでたっぷり頼んじゃうんでしょうが、貧乏性なインディは残すことにどうしても抵抗があるのでコレくらいでちょうどよいわけです。

 

f:id:buddhistindy:20161107215322j:image

一番下はスコーン スペシャルなジャムとバターがつきます。


f:id:buddhistindy:20161107215409j:image

真ん中はしょっぱい系


f:id:buddhistindy:20161107215451j:image

一番上はスウィーツ

 

どれも美味しかったですが、スコーンが一番美味しいかったな~。

 

f:id:buddhistindy:20161107215855j:image

全部揃うとこんなに感じ。

 

お茶も美味しく、グッドでございました。

 

ティーポットが空になったらスタッフがあっつあつのお湯を注いでくれます。気がすむまで無限に飲める!笑

 

f:id:buddhistindy:20161107215740j:image

食器も豪華ですね~。


f:id:buddhistindy:20161107220525j:image

素敵な雰囲気ですね。

BGMとして2階の隅っこにスタンバイしたカルテットが生演奏でクラシックを聞かせてくれます。贅沢ですな~。

 

お手洗いもペニンシュラのモノを使わせて貰えますので安心です。

 

こんな感じで優雅なティータイムを楽しめるわけです。

これで¥6,000というのは判断が別れるところですね。一生のうちの特別な時間をペニンシュラという特別な場所で、ということを考えれば思い出価格として充分アリ!なのでしょうが、単純に食べ物とお茶という唯物論的な観点ではちょっとお高いかな…って感じですかね。

まぁ貴族はそんな小言気にしないんでしょうが、一市民インディとしてはモノ以上の何かにバリューを見出だせるかがここのアフタヌーンティーを利用して満足できるかの分水麗になるような気がしました。

 

インディは最初の急かし対応を除けば、充分満足でありました。

まぁ次からはセットにしないで単品お茶と単品スイーツにすると思いますが(爆)

 

【65点】

 

・・・

 

今日も読んでくれてありがとう!

 

香港ロケ

その1

その2

その3