読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春紀@上越市【74点】

f:id:buddhistindy:20170421201252j:image

4月12日(水)

 

この日は高田公園に花見に行きました。

 

その道中、ランチはどこでしようかしらと考えた結果、以前某民放TVで“全国で2番目に長い行列のできるラーメン店”として取りあげられたお店が柏崎にあることを思い出し、そこに決定。アクセスを調べたらちょうど高田公園のある上越市に移転していたようで、こりゃええわ~(^o^)ということでおじゃましてきました。

 

・・・

 

来店時間はちょうど12時。その時点でお店の外に15人ほどの行列ができていました。

平日のお昼でこれか…と驚きを隠せません。さすが全国2位。

 

お店は一軒家を改装した…というか普通の一軒家。外から見ても席数が多そうなので、ラーメンで15人なんてあっという間かなー…と気を緩めていましたが…

 

 

行列の進みが遅い…

 

そして外の行列に加えて、店内でも10人以上が待っているようで、なかなかテーブルに着くことができませんでした(>_<)

 

こりゃ大人ならいいけども、子連れは絶対ムリですなぁ

 

というわけで結局待った時間、まさかの120分!!

 

120分ですよ~(涙)!!

 

これだけ待てばディズニーシーのトイ・ストーリーマニアにも乗れそうだし、新幹線が新潟から東京まで到着してしまいます…汗

 

全国2位はだてではありませんなぁ~

 

・・・


f:id:buddhistindy:20170421205151j:image

f:id:buddhistindy:20170421203118j:image
f:id:buddhistindy:20170421203129j:image

ということでやっと着席。

 

お店は店主と奥様?のお二人で切り盛りしているようであります。

 

一杯のラーメンを最初から最後まで一人の人が心を込めて作り上げるマイスターシップ満点のオペレーションであります。

仕事も丁寧にこなしているので、こりゃ~待つわなぁと思ったとことろ。

 

ラーメン屋というか、芸術家の仕事を見せつけられているような感じがしました。

 

「待つのがいや?そうですか、どうぞお帰り下さいませ。うちは本当の価値がわかる人だけを顧客としております。」

 

という雰囲気をひしひしと感じました。

 

・・・


f:id:buddhistindy:20170421201252j:image

インディさんはここは定番?的な

 

たまりしょうゆ¥750の肉増し¥300をオーダーしました。

なんとなく肉を食いたい気分だったのであります。

 

f:id:buddhistindy:20170421203930j:image

中太のメン。

 

スープは自然派で、濃厚ながらケミカルな感じが一切せずお上品でございました。何でダシをとっているか、舌バカなインディさんには判別できませんでしたが、ともかくクリーンで濃厚なスープです。

 

増した肉もメチャメチャ美味しく、たった三枚増やして¥400増だとぉ!?という猜疑心を打ち消すには十分のポテンシャルでした。けっこうへヴィーなお肉(店主のこだわりが詰まっていそう)だったので肉増はボリューム的にはチト多すぎるかもしれません。

 

どこも非の打ち所がなく、とても美味しく頂けました。ごちそうさまでございました。

 

・・・

さて問題は、この味を二時間待って食べる価値があるか、ということ。これは難しい。

 

まちがいなく美味しいラーメンなんですが、せっかちなインディ的にはさすがに2時間は厳しかったです(>_<)

平日でこれなら土日はどうなることやら…

 

行くとしたら、開店時間に先だって行列が少ないうちに乗り込む必要があるな~と思った次第でありました。

 

…ってもかなり並ぶんだろうなぁ… 

 

【74点】

 

・・・

 

f:id:buddhistindy:20170421205323j:image

 

高田公園は相変わらずキレイでした~!

 

今日も読んでくれてありがとう!

いきなりステーキ AM新潟南店【74点】

f:id:buddhistindy:20170415231138j:image

 

4月3日(月)

 

この日は最近新潟に出店してきた注目のお店、「いきなりステーキ」まで行ってきました。

 

イオン新潟南の一階レストランエリアにあります。今までは県外まで行かなきゃ食べられなかったので、新潟進出はありがたい限りですな。

 

リブロースステーキ1グラム¥6.5からの計り売り。300グラム食べても¥1,950(税抜)と、この低価格でステーキを食べられるお店はこれまで新潟にはなかったと思います。

 

さて、問題なのはそのクオリティ。

 安かろう悪かろうでは、残念です。

今回はその辺しっかりと確かめて参りました!

 

・・・

 

我々が訪れたのは平日の夕方17時ごろ。

それでも満席で入店待ちの人が5人くらい居たでしょうか。20分ほど待ったかな。

夕飯時をズラしたつもりでしたが注目店だけあって易々とは入れません。しばらくは並ぶ必要がありそうですね。

土日のピークタイムに行くとこんなもんじゃ済まない大行列みたいなので、それなりの覚悟と暇潰しのアイテムが必要でしょう。

 

順番が来ると席に案内されます。

メチャメチャ狭く、ステーキ食べるのに最低限のスペースで周りのお客さんとも近い近い。他人様のステーキエキスが飛んできそうな(というか間違いなく飛んでくる)距離感。

まぁこの辺が許せない人は入っちゃまずいお店なのでしょうね。

 

席自体は清潔でした。

立ち食いだけじゃなくて椅子も用意してありました。

 

その後カット場で好きなお肉を好きなだけ注文。今回は一番ベーシックなリブロース(グラム¥6.5)で400グラムをオーダーしました。

 

以前メディアで、カット職人が注文受けたグラム数に応じてジャスト“ミート”(肉だけに!)で切り出す超絶技巧を披露していたので、今回も400グラムドンピシャリで来るのを期待していたわけですが、残念ながらカットされたお肉は411グラムでした。ちと惜しいすね笑

その辺の誤差は多少あってもご勘弁!ってスタイルなようです。

 

というわけで411グラム=¥2,671をお支払い。確実に多く食べたい人は多目にご注文した方がいいですな。

 

f:id:buddhistindy:20170415234457j:image

焼き場。

 

炭火で丁寧に焼いてくれております。手前がわたくしのお肉ちゃん。


f:id:buddhistindy:20170415234546j:image

いかつい!

 

f:id:buddhistindy:20170415234713j:image

しばらくすると席まで運んできてくれます。

うまそーに焼けております!さすがプロフェッショナル!!

 

f:id:buddhistindy:20170415231138j:image

このシズル感


f:id:buddhistindy:20170415234856j:image

レアで焼いてもらいました。

 

お店としてはステーキソースをかけて食べることを推奨しているようですが、これまでさまざまなステーキを食らってきたインディとしてはこういう野性的な肉はシンプルに塩のみで食べるのが一番と思っているので、さっと塩をふってガッつきます。

 

一口食べてみると……う、うまい!!!

 

外側は強火でパリッと香ばしく仕上げてある一方、内側はジューシー。

 

アメリカンスタイル?の本格派ステーキでございます。

 

その辺のステーキ屋さんじゃこんなしっかり仕上がってこないし、もちろん自宅じゃ難しいでしょう。これをグラム¥6.5で出してくれるんだからご立派であります。

 

一番ベーシックなリブロースでありますが、赤み中心であるものの十分に脂身もあります。

国産牛も用意があるようですが、ステーキにするならこっちのほうが美味しい気がします。やっぱりステーキの醍醐味は肉汁滴る赤身にカブリつくところにあるのではないでしょうか。(すき焼きするなら霜降り和牛でしょうが)

 

というわけで非常に満足感高かったです。これはオススメですね。

強いて言えば、リブロースは300グラム~注文できるのですが美味しく焼くにはやはりある程度の厚みが必要で、少なくとも400グラムは注文した方が幸せになれる気がしました。ちと、贅沢かな。

 

ここはぜひまた訪れたいところですね。

できればニューオープン効果が一段落して行列がおさまったあたりに笑

 

ごちそうさまでございました

 

【74点】

 

今日も読んでくれてありがとう! 

焼肉モンスター 長岡堺町店【53点】

f:id:buddhistindy:20170410122103j:image

4月7日(金)

 

この日は長岡にある焼肉食べ放題のお店、焼肉モンスターに行ってきました!

 

ここのお店は記事にはしていませんが、以前1度だけ利用したことがありました。その時の印象は「お肉はそこそこ美味しいがまだ店員さんが仕事に慣れていない?」というもの。

 

さて今回はどうでしょう?

 

・・・

 

金曜日のディナータイムに行ったわけですが、予約でいっぱいですぐに入れず。ちょっと待っての入店でした。

 

相変わらず店員さんは慣れていない感じでしたなぁ…。入店してもしばらく無言で放置。やっと気づいてもらえて、少々お待ち下さい~と言われて待っていたら「満席です」って(汗。

そういうのは待たせる前に先に伝えてほしいもんですよね~。

 

その後30分ほど待ってから席に着きました。

 

ここのシステムは¥2,500、¥3,000、¥4,000のプラン+飲み放題orワンドリンクオーダー制となっております。

 

f:id:buddhistindy:20170410123852j:image

 

今回は¥2,500コース+ワンドリンクにしました。


f:id:buddhistindy:20170410124235j:image
f:id:buddhistindy:20170410124243j:image

¥2,500でも結構選べますね。

 

f:id:buddhistindy:20170410123749j:image

サラダ

f:id:buddhistindy:20170410123759j:image

ナムル (タケノコとオクラとか珍しいね)


f:id:buddhistindy:20170410123814j:image

目玉のモンスターポーク


f:id:buddhistindy:20170410123824j:image

ベーコン


f:id:buddhistindy:20170410123830j:image
カルビ

 

その他色々頼みましたが写真撮るのを忘れて食べておりました。まぁ時間が勝負の食べ放題だからね。

 

総じてお肉のクオリティは悪くないですな。食べ放題としたら十分合格点を越えているのではないでしょうか。

特にモンスターポークと写真にはないですが中落ちカルビは美味しかったです。中落ちカルビは筋が歯に挟まるのは要注意。

あとサイドメニューのキムチもグッドでこれとお肉を合わせて食べるとベリグです。

味付けがかなり濃いめなのがちと健康に気を使わなくてはならない年頃のインディさんには気がかりでありました。

 

店員さんのクオリティもオーダーと提供に関してはかなりレベルアップていて、スピーディーかつ丁寧に接客してくれました。食べ放題だからこれはとても大事ですね。気持ちよく食べることができました。

 

というわけで入店時に戸惑いがあったものの、なかなか好印象を持った次第でありました。

 

これでお値段¥6,500ほど(2名、税込)、さてどう考えるか。

 

これだけあればアラサーおっちゃんのインディさんは、食べ放題ではないそこそこのクオリティ(牛角等)の焼肉屋でも十分お腹一杯になれちゃうわけであります。

 

食べ放題の利点として

 

・いっぱい食べられる

・いろいろ食べられる

 

が挙げられると思いますが、この辺に重点を置きたい気分の時はオススメできるお店だと思いました。まぁ当たり前か… 


f:id:buddhistindy:20170410130954j:image

ワインブログらしいことを書けば、飲み放題だとワインも飲み放題です。

 

個人的にはもう焼肉食べ放題はきついなぁ…昔はもっと食べられたのに(涙)

 

【53点】

 

今日も読んでくれてありがとう!

ペンフォールズ クヌンガヒル シャルドネ2015【71点】

f:id:buddhistindy:20170405193310j:image

4月5日(水)

 

全国…いや、世界中のインディファンの皆様!!長らくお待たせいたしました!!

 

4月に入ってやっとこさ今年初投稿であります汗

 

2017年に入ってから本業の方が強烈に忙しくなりまして、ワイン(にかかわらず、いろんなお酒)を飲んでいるにも関わらず、ブログ更新ができておりませんでした(涙) 

 

噂では

 

「インディさんはパプアニューギニアまでダンスの練習に行った」

 

とか何とか…笑

 

まぁ真偽はさておき笑、久々の更新でございます!

 

・・・

 

今回飲んだのは

 

ペンフォールズ クヌンガヒル シャルドネ2015

 

であります。

 

オーストラリア産シャルドネのワイン。ペンフォールズと言えばオーストラリアワインのなかでは最もメジャーな造り手といえるのではないでしょうか。

インディはこれまで各所で目にしていましたが、実飲することはありませんでした。

 

今回飲んだのはペンフォールズのなかでも最もベーシックなクヌンガヒルシリーズ。

 

どうやらこの造り手は

 

アイコン&ラグジュアリーシリーズ>BINシリーズ>クヌンガヒルシリーズ

 

と商品の格付けがあるようであります。

さて、そのベーシックラインの実力やいかに!

 

・・・

 

【香り】柑橘類のフルーティー感が強いものの、ナッツの香りが主張してきます。ナッツの品種まで特定できるような主張はないものの、蜂蜜等の濃厚なフレーバーがあり、値段以上の高級シャルドネの香りがあります。

 

【見ため】美しい薄黄色。緑にも近い。

 

【お味】度数は控え目…というかちょうど良い感じ。上品なワインの王道であります。キレイな酸味が目立ちますがまろやかに舌に広がる甘味もあり、リッチな味わいでございます。開けてすぐは微炭酸ですが翌日には舌触りが良くなります。個人的には開けて翌日がオススメ。

 

実売価格¥2,000ということを考えれば非常に優秀なのではないでしょうか。ちょっとした来客の時にでもサッと出したら喜ばれるワインでありますね。ぜひストックしておきたいワインでありました。

 

【71点】

 

今日も読んでくれてありがとう!

牛たん一福@仙台市【81点】

f:id:buddhistindy:20161226203629j:image

12月24日(土)

 

前回

 

に引き続きまして、仙台でのディナー。

以前利用したことのある

 

牛たん一福

 

(前回記事牛たん一福@仙台・国分町【81点】 - 孤独の安ワイン)

 

に再訪させてもらいました。

 

・・・

 

以前の記事は読み返さずに、今回の来店では【81点】と採点したのですが、改めて確認してみたら前回もまさかの【81点】という採点!!

 

何だかんだいって、インディの感性もなかなかのもんじゃないすか笑!

 

・・・

 

と、密やかな自画自賛はおいときまして、まずはメニュー

 

f:id:buddhistindy:20161226205403j:image
f:id:buddhistindy:20161226205419j:image
f:id:buddhistindy:20161226205436j:image

以上がグランドメニューであります。

 

たくさんメニューがありますが、奇をてらうのではなくオーソドックスなものを中心にオーダーしました。

 

まず

 

f:id:buddhistindy:20161226210055j:image

テールスープ¥350(税抜)

 

塩味とコショウ控え目で、テールのうま味を存分に堪能できるスープでした。

 

f:id:buddhistindy:20161226210439j:image

続いてタン角煮¥600

 

クーポン利用(一福 仙台(国分町/居酒屋) | ホットペッパーグルメ)で無料でいただきました。ありがとうございます!

 

前の店牛たん炭焼 利久 西口本店@仙台市【62点】 - 孤独の安ワインでは角煮の印象が滅茶苦茶悪かったのですが、ここんちの角煮は美味しくいただけました。にせ物の味がしないというか、しっかり調理してあるというか。美味しいですね。

 

これをサービスでいただけちゃうわけですから、頼まないのは損・そん・ソンであります。

 

f:id:buddhistindy:20161226211942j:image

たん焼き塩味¥1,100

 

炭焼の香ばしいニュアンスがつまっていました。素材もよく、これでこの値段はかなり頑張っていると感じました。これも美味しいですね。


f:id:buddhistindy:20161226212354j:image

 

続きまして、牛たんたたき¥1950

 

こちらの刺身系はすべて国産牛。上品ながらも豊富な脂のノリ方が素晴らしい。

 

f:id:buddhistindy:20161226212644j:image

味噌づけ牛たん焼き¥1,200

 

シグネーチャーメニューです。味噌につけることで牛たんの臭いを上手く消してあります。また味噌のおかげで慈味深いお味となっており、酒のつまみには最高であります。

ただ本当の肉好きには味噌が肉の味わいを変えてしまっている分、物足りないかもしれません。

 


f:id:buddhistindy:20161226213516j:image

牛たん刺し¥1,800

 

これもここんちの看板ですね。お客さんのほとんどが頼んでいました。

たたきと比べるとコチラの方がタン本来の味を堪能できるし、お値段も抑えてあってグッドであります。生姜正油かニンニク正油お好みで。

個人的にはニンニクの方が圧倒的にうまかった気がしました。


f:id:buddhistindy:20161226215604j:image

最後の〆の炭水化物がわりに頼んだのが

牛たんシチュー¥850

 

ある意味「きわもの」的な香りがプンプンするたんシチューですが、侮ることなかれなかれ。こだわりのお味であります。スパイスが効いていてシチューというよりもカレーのような印象を受けます。ご飯かパンと一緒に食べたら最高なのでしょうが、体重が気になりだすお年頃のインディとしてはシチュー単品でまったり贅沢に頂くのもおつなもんであります。

 

こんだけ頼んでおいて、お会計が¥7,000代であったわけですが、これはかなりお得感があるのではないでしょうか。

 

グランドメニュー以外にも、壁には


f:id:buddhistindy:20161226220628j:image

 

このようにお得なセットがあったりします。(今回は見落とし(涙))

 

このお店は地元の食通な方に「牛たん食べるならココ!」とオススメしてもらったお店。やっぱり地元人のバイアスの掛かっていない意見はマチガイナイ!!と思った次第でありました。

 

【81点】

 

・・・

 

今日も読んでくれてありがとう!  

牛たん炭焼 利久 西口本店@仙台市【62点】

f:id:buddhistindy:20161225211905j:image

12月24日(土)

 

12月のホリデーウィークを利用して杜の都・仙台まで遊びに行ってきました。

 

f:id:buddhistindy:20161225212139j:image

 

 仙台うみの杜水族館にて「世界で最も美しい鮫」ヨシキリザメとご対面。

背中のブルーがまじでカッコよかったです!


f:id:buddhistindy:20161225212657j:image

 

ヨシキリ君の生体展示世界最長記録を目指しているそうです。

飼育に関する情報が少なく、あらゆることが手探りという中での展示ということで、関係者各位の尽力には頭が下がる思いであります。

 

ヨシキリザメのほかにも

 

f:id:buddhistindy:20161225213636j:image

 

イワシのショーがあったり


f:id:buddhistindy:20161225213844j:image

 

アシカの仲間、オタリアちゃんと触れ合えたりとお楽しみ盛り沢山でした。

 

素晴らしい水族館ですね。

 

f:id:buddhistindy:20161225214243j:image

 

夜にはひかりのページェントも観れました。

みんなが幸せそうに歩いていました。すごい人出だったなぁ。

 

新潟にも駅南けやき通りのライトアップがありますが、仙台のコレを観ちゃうとライトアップに関してはなかなか追い付けない差があるなぁと思ってしまいました。(差があるのはライトアップだけで、街の魅力だったら互角以上に勝負できる!と自負しております!!…ってわたくしは新潟の何を背負っておるのやら…笑)

 

・・・

 

そんな仙台のランチで訪れたお店が

 

牛たん炭焼 利久 西口本店

 

であります。

 

たん焼きの超有名チェーン店だそうですね。

 

f:id:buddhistindy:20161225215252j:image


f:id:buddhistindy:20161225215317j:image


f:id:buddhistindy:20161225215332j:image

  コチラがグランドメニュー。

 

初来店ということで、ここはスタンダードな牛たん定食(¥1,480)と


f:id:buddhistindy:20161225215615j:image

 お得な牛たん三種盛り(¥1,000)

 

を注文しました。

 

まずは

 

f:id:buddhistindy:20161225215735j:image

お茶

 

かなりスピーディーに提供されます。

 

f:id:buddhistindy:20161225215848j:image

半ライス(減らしてもらえます)

 
f:id:buddhistindy:20161225215957j:image

テールスープ


f:id:buddhistindy:20161225220046j:image

全部揃ったところ

 

そして


f:id:buddhistindy:20161225211905j:image

三種盛

 

さて、全部揃ったところで~、

 

良い点

・牛たん焼きがかなり分厚く、印象がよい。食べ応えもありました。たんは厚い方が美味しいねっ。

・素材ひとつひとつのクオリティはかなり高い。

 

悪い点

・店員さんに三種盛の説明をもう少ししてほしかった。正油をかけるかどうか、といった食べ方に関して。

・座席の雰囲気。隣の客とメニュー共用、荷物置きは早い者勝ち。これじゃ落ち着いて食事できないすて。

・調理法。せっかく良い素材なのにその良さを生かしきれていない印象。ただ単に塩ふって焼いただけ、甘辛いタレにぶち込んだだけ的な(角煮)。チェーン店ゆえに味を画一化するためには致し方ないところもあるのだろうが…。もう少し料理の腕前を見せつけてほしいところ。

 

ということで総じて、決して悪いお店ではないですし、普通に美味しく牛たんをいただけるわけですが、過剰な期待は禁物であり、ココを目当てに仙台旅行を計画するにはチトパワー不足かな、と思ったお店でありました。

 

【62点】

 

・・・

 

今日も読んでくれてありがとう!!

ピノ・ノワール ドートルフォア2014【51点】

f:id:buddhistindy:20161221165704j:image

12月21日(水)

 

今年の新潟(市内)は全然雪が降りません。

 

例年冬の始め、11月~12月の間に必ず一回はまとまった量が降っていたようですが、今シーズンに関してはほとんど雪はナシ!降っても気温が高いからすぐ溶けちゃいます。冬至の今日に限っては太陽が照りつけてちと暖かいくらい。

 

雪かきしなくていいから楽だなぁ~、もしかしたら新潟でもスタッドレスとか要らなくなるときが来るかもしれないな~と思う反面、地球温暖化の不都合な事実も突きつけられていることを忘れてはならないな~と思うところです。

 

・・・

 

そんな本日のワインは

 

ピノ・ノワール ドートルフォア2014

 

です。 

 

ヴェリタスさんの「代表ぶどう品種赤6本セット、¥3,982」のなかの一本。

 

 ヴァンドフランのピノ・ノワール。めずらしいですよね。

ランドックの完熟ピノと最高品質のブルゴーニュピノをブレンドしたワインだそうです。

こういう作り方もめずらしい。

混ぜることであえて「ブルゴーニュ」を名乗らないようにして、価格を抑えているそうです。

 

f:id:buddhistindy:20161221171721j:image

f:id:buddhistindy:20161221171812j:image

f:id:buddhistindy:20161221171833j:image

 

見た目:ブルゴーニュのピノ・ノワールと比べると、あきらかに黒みが強い。この辺から(売り手は最高品質と謳っているが)かなり出来のよろしくないブルゴーニュのピノが使われているか、南仏のゴリゴリしたピノが大量に投入されているのではないか、ということが考えられます。

 

香り:ワイルドな黒系ベリーの香りです。チャーミングさは感じられませんが、上質なワインと雰囲気は似ているところがあります。

 

お味:特筆すべき点は正直あまり感じないが、強いて言えば甘さ、かな。渋味、酸味はまったくありません。

 

とかく飲みやすいワインですな。

 

ピノ・ノワールの魅力たっぷりか?と言われるとう~む…となるわけですが、値段を考えればこれよりよっぽどひどいピノワインは星の数ほどあるわけで、わりかし本格派に似た雰囲気の親しみやすいピノをリーズナブルに楽しめるワインだなぁと思いました。

 

【51点】

 

・・・

 

今日も読んでくれてありがとう!